« 夕日に沈む | メイン | Song of Today #50 夏の日の想い出 »

2008/09/21

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Borinquen

あしぱんさん!
どこからきてどこへいくのかも知れず、昨日のようで、数年前のようで。不思議な時間空間を
さまよっていたような二年間でした。でも少しずつ事実を認識することも出来ていています。
普段はそんなに想いばかりではないですが、ふと心によぎり息がつまりそうです。でも、
そうしてばかりではいけないので、あるがままに受け止めて暮らしています。
昨日訪れた地元サーファーしかいない小さな浜辺も寄せてはかえす姿でしたから....。

あしばん

こんばんは。

この時期の空をぼんやり見ていると、
たちまち時間がくにゃりとなくなって、
懐かしい声が身体の中に広がるような気がします。

あれから、そして というタイトルと、前の記事の鏡のお写真を拝見して、
「千と千尋の神隠し」の歌の一節を、
〜こなごなに砕かれた鏡の上にも、新しい景色が映される
を思い出していました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近のコメント

Moon

最近のトラックバック

Powered by Typepad
登録年月 08/2008