« 再び小豆浜 | メイン | 往復790km 13h »

2009/08/16

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Borinquen

あしぱんさん、こんにちは。

夜になると、対岸の木更津にある精油所の炎が揺れています。
初めは、ライトの点滅かと思いましたが、双眼鏡で覗くと
高い煙突の先に大きな炎が揺れていました。

空気が澄んで雲のない夜は、空がオレンジ色に染まります。
ベランダでぼんやりいつも眺めています。

あしばん

ご無沙汰しています。

先日、超高層ビルの上階に行ったおり、
遥か彼方の夜の地上をぼんやり眺めました。
小さな虫の息づかいのような光が動き、揺れ、
どこにも境界のない地表がずっと続いていて…
すべてがひとつのいきもののようでした。

なつかしい思い出も、また、
そのなかで息づいているような気がします。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

Moon

最近のトラックバック

Powered by Typepad
登録年月 08/2008