« Facebookから《著作権侵害に関するアクティブティがあったため動画のアップロードが無効になってます》 誰もがこんなメッセージを受け取ったら驚き当惑してしまうだろう... | メイン | サルサ、そして深夜のタンゴ いっぱいの笑顔と喜びを支えるプロの真摯な姿 帰り道の雨すらも心地いい 美味しさと幸せの余韻に包まれて触れ合う傘の柄二重 »

2012/04/20

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

bonzofire

ほんとすばらしすぎる写真ですね。ぼくも撮りたい!あこがれます。

私も一回、頭の中を空っぽにしないと、
いつまでたってもおんなじようなモノばっかり撮って終わってしまうような。

この後にリンクされているHPを見てみます。

Borinquen

Junkoさん!

まだまだ個展は、ギムレットにはまだ早いのと同じで...

そう「ああ」を付けて《ああ、前のめりに悶絶》としてボリンケン調と登録。Facebookでは「人生はアートだ 前のめりに悶絶」に進化中。

小薇のパーティーで知り合った美人フォトグラファー(「中華料理の基本」も)がとてもいい事を教えてくれました。「いい写真になるためにはその人が好きになること。対象物にはそっと近づくんです...(中略)よく、男性の方々にカメラの講習会を頼まれるんですが、皆さん知識はあるんです。でも、それ以外が(足りないんです)」本当に、その瞬間を捉える姿に感動してました。ここにも素敵な写真が満載ですので是非。5/中旬の個展は小薇と行ってみようかと相談中。
http://www.youk-photo.com/

どちらかと言うと、光よりも影の方に惹かれる私なので、桜もあのような姿になったんでしょう。嵐で揺れる姿を見ながら、デレク・ジャーマンの傑作「Last of England」のラスト近くティルダ・スウィントンが炎の前で舞う姿を思い浮かべてました。

sumijunko

わ〜(><)もう!すばらしすぎる写真に「前のめり」に「悶絶(ボリンケン風)」!
ポカポカ、キラキラもまた春の表情ですが、闇夜にボーっと浮かぶ妖艶な感じやちょっとしっとりしてきたいろんなもの。これもまた春に感じる魅力的な表情。
こんな詩的な写真を撮りたいものです…
ボリンケンさん、いつか写真展されたらいかがかと本気で思います。
きっとママボリンケンさんがビシッとプロデュースして素敵な展示になる予感(^^)

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近の記事

Moon

最近のトラックバック

Powered by Typepad
登録年月 08/2008