« ワールドカップまであと数日、盛り上がる | メイン | karaya これは写真集として »

2010/05/23

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

Borinquen

Lussoさん

そうなんです、「逆説的に言えば切実に自由を渇望する状況」言い得てます。
もんじゅの件でも普天間も、事の本質から離れた報道が多くてもううんざりしています。
最近、戦前のロッパ&エノケンの事がきになって色々調べたり聴いたりしているのですが
制約の多かった戦前、戦中が、彼らのピークだったことにも、色々考えさせられています。

Lusso

こんにちは~。

すごい歌詞ですね。驚きました。今読んでも古さをまったく感じません。
昨今は規制が厳しくて、マスコミに流れるCMや報道は、キレイごとばかり
で現実とのかい離が甚だしい限り。

敗戦から1956年までの間が、一番自由な雰囲気が横溢していたようですね。
逆説的に言えば切実に自由を渇望する状況だったことでしょう。

時代の進展、経済成長とともに逆に批判する自由が奪われる現実との矛盾が
寂しいと同時に、なんだか怖い気がします。

汚いモノや危険なモノをなるべく見せない、とする風潮は逆の効果をもたらす
のではないでしょうか。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

最近の記事

Moon

最近のトラックバック

Powered by Typepad
登録年月 08/2008